コラーゲンでにきびを治せるか?

コラーゲンでにきびを治していくことはできるのでしょうか? 
実際コラーゲンにはにきび跡を修復する効果、そして乾燥を防ぐという効果があります。
しかしながらコラーゲンがにきびにそのまま効果があるかというと、それはまた別の問題となってきます。 
実際のところ、人体の肌のほとんどがコラーゲンで出来ています。歯茎さえもコラーゲンで出来ています。そのような状態の中、意図的に、にきびだけ的を絞ってコラーゲンを適用させることはほぼ不可能といえるでしょう。
そもそもコラーゲンを肌に塗ったからといってそれがコラーゲン本来の役割をするかといえば、そううまくはいきません。コラーゲンがにきびに対し本当に効果を発揮するためには、あなた自身の肌がアミノ酸から生成したコラーゲンでなければならないのです。
では経口で摂取するタイプのコラーゲンを摂ればにきびに効果があるのでしょうか?
これも間違いで、コラーゲンがタンパク質である以上、アミノ酸に分解されなければ吸収されないわけで、つまりコラーゲンを摂取するのも、肉などの他のタンパク質を摂取するのも同じことを意味します。
もしあなたがコラーゲンによってにきびを治すことをお考えなら、コラーゲンを摂取することを考えるより、あなた自身のもつコラーゲン生成能力を上げることを考えるべきです。
これは繊維芽細胞と呼ばれる免疫細胞で、ベータ・グルカンと呼ばれる成分で活性化できることが分かっています。ベータ・グルカンはキノコ類に多く含まれる成分です。
つまり、もしあなたがコラーゲンによってにきびを治したいと考えているのなら、キノコ類を多く摂取するとういことになりますね。

運営者情報

当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。

・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

管理者より:

このサイトは長年にきびと肌荒れに悩んできた私が
自身の経験や集めた情報をまとめたものです。
同様の悩みを持つ方のお役に立てば幸いです。

【プライバシーポリシー】
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。